寺島実郎,藤野先生、魯迅、川原汎先生


4月17日

八重洲ブックセンターに午前10時に入り、早速新刊のコーナーを見てみた。寺島実郎著:“脳力のレッスン”を購入した。彼のコメント内容に対して賛同することが多かったことや、藤野巌九郎先生と魯迅のことが書かれていたからである。

http://www.chinoichiba.com/datas2/eturan.cgi?fname=./data/20030329/ta0001.txt&img0=0&img1=0&img2=0&img3=0&img4=0&img5=0&img6=0&img7=0&img8=0&img9=0

現在、日本と中国の関係は良くない状態である。我々日本人としては中国人と友好的に接していきたいと思っているが、今回の騒動は日本人の中国に対する評価を下げたと思う。以前に中国人留学生が日本人家族を殺害したことや、中国人グループによる犯罪の増加も不気味である。

寺島氏が福井県芦原町にある、藤野先生の記念館を訪問したことが書かれていたが、実は、僕が福井にいた時に、藤野先生に関する資料を寺島氏が入手したいということを、ある人物から聞き、資料の入手依頼があった。

(http://www.jalan.net/kanko/SPT_161529.html) http://mitsui.mgssi.com/terashima/terashima-list.htmlhttp://www.kahoku.co.jp/spe/spe059/20000406tk.htm

それで、僕は福井県図書館に行き、藤野先生に関する資料をコピーした。その資料をよく見てみると、藤野先生は愛知県立愛知医学校(明治25年5月入学、現在の名古屋大学医学部)の出身であり、僕の母校出身だった。さらに、卒業証書を見てみると、試験委員の一人に、内科学、内科実地、衛生学担当として川原汎先生の名前を発見した。彼は“内科彙講―神経係統篇”を1987年(明治30年)に日本最初の神経学の成書を刊行した。彼の子孫の川原哲夫先生や高橋昭先生の御尽力により、本書が復刻されたのである。内容については、時間があれば、時折紹介したいと思っている。

http://www.med.nagoya-u.ac.jp/html/info/eval/2001/22-1.html

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 読書 パーマリンク

寺島実郎,藤野先生、魯迅、川原汎先生 への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中