宇多田ヒカルの音楽との出会い

Hikki0001

今は昔、宇多田ヒカルにのめりこんでいた時代があった。ファンメールを送ったことがあり、ファンに送られたイラスト入り年賀葉書をもらったこともあった。アメリカでのデビュー作のExodusという歌は歌詞の内容が良くなかったようだ。

1999年1月20日 宇多田ヒカルとの出会い

 宇多田ヒカル(本名:宇多田光):ニューヨークで生まれ。シンガーソングライター。藤圭子(『圭子の夢は夜開く』で有名)の娘。

 1999年1月に入って車を運転中、FMラジオからグーンと心にしみいる声で今まで聞いたことない歌が毎日聞こえてきた。これは、たまらん歌だなと思っていたが、最近、テレビ番組で少しだけ見ることになった。Yahooで宇多田ひかると名前をひらがなで打ち込むと出てこないので、もしかしたら、カタカナかなと思って、入力したら2件だけヒットした。

1月19日が誕生日で昨日、16歳になったばかりの女の子であった。医局の女の子に聞いてみたら、藤圭子の娘で、アメリカン・スクールに通っていて、学業成績も抜群で、Aのマルとかいうことだった。

 去年は、キロロが爆発的なデビューで、シングルでの売り上げがかなり良かったと思う。実は僕は珍しく、キロロの「長い間」というシングルを買った。でも、今年は宇多田ヒカルのシングル盤を買おうと思う。タイトルが英語なので、すぐには思い出せない悲しさよ!(老人力に近づきつつあるが)

Automatic!!

 オートマチックには記憶できない頭になってきた。宇多田という名前も思い出せなくて、昨日の福井医療技術専門学校の講義に学生に質問して教えてもらった。そうそう、医局のY先生(ミトコンドリアの大家で、医学のあゆみに「ミトコンドリアと老化」という総説を書いていたが)が、彼女のファンでCDを買ったとのことで、意外だった。後で彼にそのことを話したら、英語がものすごくきれいだという話をしていたが。そうしたら、しばらくして、「先生、もしかして、スピードも好きじゃないですか?」と彼に聞かれた。ハイと答えたが、Y先生はスピードのCDも全部買っていますと言っていたが、ああ、驚いてしまった。4人組がリズムよく踊って歌っているのを見るのが楽しみである。ソロになったら売れないと思うので、今のまましばらく活躍してほしい。

             旧友との再会

 学生時代に名古屋テレビのスポンサーでアメリカへ50日間夏休みに見聞を広げにいった仲間と20年ぶりに会った。我々は40代後半の年齢だが、皆、宇多田ヒカルちゃんのファースト・ラブを買っていた。小学生から老人まで幅広い人気を持っているから、600万枚も売れたのだ。また、それぞれが連休に放映されていたNHKの「遺伝子」という科学番組を見ていた。

 Hikkiの歌はnew R&Bといって、黒人音楽が元にあるとのことだが、我々人類の祖先はアフリカの女性にたどりつくことは間違いないそうだ。ということは、我々の遺伝子の中に黒人の遺伝子が組み込まれていることになる。この古い遺伝子が作り出す脳(旧皮質?)の一部がヒカルちゃんの創作した曲及び体の独特な動きにここちよく反応しているのかもしれない。大胆な仮説だが、面白くはないだろうか?

            醜い裸の男たちとの遭遇

 昨日、ある脳の研究会の懇親会で漢方医学の権威の教授と、打ち解けた話をしていた。

「先生、宇多田ヒカルという女の子を知っていますか?ファーストアルバムで700万枚売れたんですよ。御存じないですか。藤圭子の娘ですよ。今年、彼女が出ただけで、恐らく1000億円の経済効果があるんじゃないですかね」

 その教授はまったく彼女のことを知らなかった。僕は子供さんが知っていると思うので、是非、聞いて下さいとお願いしておいた。

 ところで、この研究会の合間にとんでもない場面に遭遇してしまった。名古屋のあるホテルでの結婚披露宴の途中だが、僕は受け付けのところで休憩していたら、なんと男が5ー6人裸で歩いているではないか。最初は上半身だけかなと思っていたら、少しざわめきがあったので、よく見てみると、ああ、全裸ではないか!ああ、丸見えだ、ふりちんだ!ああ、気持ちが悪くなり、嫌悪感を覚えた。ひどすぎる!猥褻物公然陳列罪じゃないか!男のものなんて見たくもない、自分のもの以外は。ストリーキングだ!

 でも、酔っぱらうと裸になってしまうという習性の持ち主の話は聞いたことがある。ある研究所の若手の教授も、酔っぱらった時に裸踊りをやったそうだ。

http://www.hikki.com/indexj.shtml (宇多田共和国:以前、掲示板に時々書いていたが、この管理人が病気で亡くなられたのを知り、驚いてしまった)

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングをよろしく)

 

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: エンターテイメント, 音楽, 趣味, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中