浅田真央:銀盤の妖精が女王に!


              浅田真央:銀盤の妖精が女王に!

伊藤みどりも育てたコーチが、天才少女と認めた銀盤の妖精である浅田真央ちゃんが、フィギュアスケートのグランプリに優勝した。2年連続の世界女王であったイリーナ・スルツカヤ(ロシア)を僅差で制した。安藤美姫が3回も転んでしまい、浅田真央ちゃんもどうなることかと心配しながら見ていたが、どっこい、プレッシャーを何も感じないような可憐な舞を演じてくれた。後半にジャンプを多くしたのがよかったのだろうか、素晴らしい舞であった。その前のイリーナ・スルツカヤの演技が素晴らしかったので、ひとつのミスも許されないと思っていたが、浅田真央ちゃんの演技前の表情は余裕を感じさせるものだった。トリノ五輪の代表は、年齢制限のため参加することができないのが、非常に残念である。

 

トリノ五輪への出場枠は3人であるが、僕としては次の3人に出てほしい。

村主章枝:実力も実績もあり、憂いを含んだ目の表情が良く、演技も素晴らしい。

荒川静香:顔の表情は好みではないが、舞う姿がきれいである。

安藤美姫:少しプレッシャーに弱いところがあるが、セクシーであり、演技の成長が期待される。

ところで、弱冠15歳の真央ちゃんの可憐な妖精ぶりを見て、1976年のモントリオール・オリンピックで大活躍し、10点満点を連発した14歳のルーマニア女子体操選手ナディア・コマネチを思い出した人が多かったのではないだろうか。ナディア・コマネチの演技に魅了された人たちは今回、真央ちゃんに大喝采を送っていることであろう。

 

http://www.sponichi.co.jp/sports/special/athlete/2005asadamao/20051121top.html

http://www.jiyu.co.jp/GN/cdv/backnumber/200408/topics01/topic01_02.html (ナディア・コマネチ)

http://www1.linkclub.or.jp/~ttakeshi/romhtml/rom03.html(ナディア・コマネチ)

http://blog.with2.net/link.php/36571(他の面白いブログを見てください)

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中