ヒトES細胞論文捏造事件:虚偽の挑戦


                                           ヒトES細胞論文捏造事件:虚偽の挑戦

Scienceに発表された韓国の黄教授の論文はまったくの捏造であることが明らかになった。信じられないことがおこったと思った。学会および韓国民を裏切った黄教授の行為は切腹ものである。

ところで、脳死患者からの臓器移植が日本でも実施されるようになってきたが、この臓器移植に関しては、僕は当初から反対意見を持っていた。レシピエントは、脳死患者が出ることを暗に望んでいることになり、生命倫理に反するのではないかと思っている。20年前に学生への講義中の雑談で、脳死患者からの臓器移植のようなことは最先端ではなく、もっと基礎研究に研究費が投与されるべきであり、クローン臓器ができることが望ましいと述べた。

ES細胞は他の動物からのものはできているが、ヒト由来のES細胞は倫理的な問題もあり、進展はしていなかったが、最近、いろいろな分野での報告がなされている。パーキンソン病患者に対するES細胞の移植の問題も話題になっている。

黄教授のように、功をあせり、虚偽の論文を書くことは許されることではない。

 

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/hitkihon.htm#012(ヒト胚性幹細胞を中心としたヒト胚研究に関する基本的考え方)

http://sciencemag.org/cgi/content/full/310/5756/1886

(STEM CELLS: Cloning Researcher Says Work Is Flawed but Claims Results Stand)

http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/308/5729/1777

(Patient-Specific Embryonic Stem Cells Derived from Human SCNT Blastocysts)

http://stemcells.alphamedpress.org/cgi/content/full/23/9/1228

(Methods for Derivation of Human Embryonic Stem Cells)

http://content.nejm.org/cgi/content/full/350/13/1353?hits=20&where=fulltext&andorexactfulltext=and&searchterm=embryonal+stem+cell&sortspec=Score%2Bdesc%2BPUBDATE_SORTDATE%2Bdesc&excludeflag=TWEEK_element&searchid=1&FIRSTINDEX=0&resourcetype=HWCIT

(Derivation of Embryonic Stem-Cell Lines from Human Blastocysts)

http://blog.with2.net/link.php/36571(他の面白いブログを見てください)

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中