女神たちの競演:女子フィギュアスケート


                                                      女神たちの競演:女子フィギュアスケート

先日の全日本女子フィギュアスケートの視聴率は非常に高かった。それぞれの思いで視聴者は見ていたであろう。僕は村主章枝選手に注目していた。怪我のため準備不足で、どん底からの出発であった。彼女の祈りの姿や演技は美しく、感動的であった。

毎日新聞の元村記者によると、「カ・ミ・サ・マ。全日本フィギュアスケート選手権のリンクで、村主章枝選手が手を合わせてつぶやいた、その様子に打たれた。聞き取れなくても、唇の動きがそう読めた。故障を抱え、五輪出場をかけた舞台で演じ切れたことへの感謝の所作であった。」(元村有希子:神様の居場所、毎日新聞(2005.12.289:発信箱より引用)

さすがに、元村記者である。今週の発信箱の文章の内容は秀逸であり、このブログの読者に是非御一読を薦める。

いろいろな反論があったが、代表選手の選考結果は妥当であったと思う。

フリーの技術点から見ると、恩田選手が一番よかった(ジャンプの高さが良かった)が、芸術点が低かった。 村主選手や荒川選手は芸術点が良かったし、技術点もまずまずであった。 中野選手は芸術点も技術点も少し低く、残念ながら、魅力に乏しく感動しなかった。 安藤選手は最近の出来は悪かったが、総合点がトップなので、不合格にはできなかった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/ (神様の居場所)

 

PS:今回の代表選考は出来レースであったとのコメントがあったが、僕はその信憑性に問題があると思っている。

http://www.zakzak.co.jp/spo/2005_12/s2005122701.html (渡部絵美のコメント)

http://www3.diary.ne.jp/user/338790/ (きっこの日記)

http://blog.with2.net/link.php/36571(他の面白いブログを見てください)

 

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中