NHKの民営化に反対する:日本経済新聞の大機小機に反論する


   NHKの民営化に反対する:日本経済新聞の大機小機に反論する

NHKの民営化という暴論が出てきている。僕はNHKの民営化には絶対反対である。現状の放送内容にほぼ満足している。政治的中立性は民営化されると、保つことができない。政治討論番組では少数野党の発言も公平に与えられている。民放のキャスターたちの発言の偏りは明らかである。また、ドラマでも優れた番組が多い。世界遺産特集などの興味深い特集が多い。教育テレビでの語学番組も工夫がされていて、非常に面白い。

視聴料でNHKの番組が作成されている。民放の番組はCMによる収入で作成されているが、スポンサーの会社の製品の価格の中にCMにかかるコストが反映されているので、結局、民放を無料で見ているわけではなく、有料と同じことになる。NHKは視聴料の徴収方法を工夫すべきであり、未払い者に対して有効な対策を期待したい。

ところで、日本経済新聞を喫茶店で読んでいたら、大機小機というコラムにとんでもない暴論が述べられていた。

「そもそも官でも民でもない「公共放送」とは何か。それは紅白などの歌番組や大河ドラマなのだろうか。成熟した視聴者の選択を尊重すれば、番組を視聴する対価として受信料を負担するスクランブル方式がもっとも合理的だ。」

コメント:「紅白などの歌番組や大河ドラマなのだろうか」という記載を見て唖然としてしまった。そんな単純に決め付けてしまっていいのだろうか?スクランブル方式なんかしてしまったら、受信料を払う人が激減してしまうのではないだろうか。

「もはや良い番組を作るためには、独自の放送局と設備が必要という時代ではない。「公共性」の具体的な中身とはハードにではなく、ソフトにあるはずだ。」

コメント:「独自の放送局と設備が必要という時代ではない」という内容は説得力を持たない。

「民放でも良いスポンサーが付けば、質の高い番組を制作する能力はある。」

コメント:本当だろうか?良いスポンサーとはなんだろうか?よく似たバラエティ番組が多いと思うが。質の高い番組を制作する能力は、スポンサーの良し悪しにかかわらずあると思うが。視聴率が問題なのであろう。その点、NHKは、視聴率を金科玉条にはしていない。たとえ、少数の人しか見なくても、良質の番組を提供してくれている。

「民放と民営化されたNHKとが、対等な競争条件の下で、人々のニーズに合う、多様で質の高い番組を競って制作する。そうした番組のスポンサーに国がなれば無料放送もできる。また、番組の選定に当たって、政治的圧力を受けないためには、審査過程をすべて公開すればよい。」

コメント:民放をもう1社増やしても何のメリットがあるのだろうか?現在でも民放間で競争しているけれども、民放番組で優れた文化、教養番組は非常に少ない。大機小機の論説は、机上の空論である。審査過程をすべて公開すればいいというが、既存の民放は反対するであろう。時間の無駄である。

「こうした「市場の評価」を受けるNHKになれば、有力政治家に番組内容についてご説明に行く必要もない。むしろ良識ある政府批判を行うこともでき、番組制作上の自由度も高まる。NHK自身の飛躍のためにも民営化を選択すべきである。」(日本経済新聞 1月14日 大機小機)

コメント:「市場の評価」という言葉は、経済素人の僕にとっては嫌な言葉である。国立美術館や博物館の市場化テストに対して、文化人からの強烈な反対があり、市場化テストは見送られたいきさつがある。現時点でもNHKは、良識ある政府批判を行っていると思う。このコラムを書いた記者は、NHKの「明日を読む」などのニュース解説などを見たことがあるのだろうか?また、NHKラジオの朝の8時5分から15分にかけてのニュース解説を毎日、車で通勤途中に聞いているが、非常に内容が示唆に富み、面白い。

http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20060114/p1 (NHK民営化反対)

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/ (森田実政治日誌)

森田実氏のHPから引用させていただく。

2006.1.8(その1) 2006年森田実政治日誌[18]

2006年の課題/いまわれわれは何をなすべきか【9】――唯一の真面目テレビのNHKを守れ! 民放テレビと大新聞のマスコミよ、反省せよ。反省しない売国・反国民のマスコミは退治しよう!

「ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者は、すべて世界の支配者ではなかろうか」(カーライル、英国の思想家、1795-1881)


 日本のジャーナリズムは、いま、政治権力の手先になって日本国民を支配している。日本国民をマインドコントロールしようとしている。日本の政治権力は米国ブッシュ政権に隷属している。この米国と日本の大政治権力が日本のほとんどすべてのマスコミを掴み、日本国民を思うがままに動かしている。

 最近、小泉首相、竹中総務相、政府の規制改革会議(宮内議長)らが、NHKに揺さぶりをかけているのは、NHKだけが辛うじて自主性、独立性を堅持しているからである。すべての民放テレビは小泉内閣の手先になり、小泉政権の広報機関化している。すべての大新聞が小泉政権の政治機関紙化している。NHK以外のすべての巨大マスコミが自主性・独立性を捨て去り、「ブッシュ・小泉政治」の広報活動に精を出している。  NHKは決して反「ブッシュ・小泉」ではなく、かなり妥協的になっているが、それでも民放テレビ、大新聞と比べると中立性・自立性の面で群を抜いている。このために小泉首相、竹中総務相から睨まれたのである。それほど民放テレビと大新聞が「ブッシュ・小泉」に従順だということにもなろう。 NHKが中立性・自立性を保っているのは、NHKが公共放送であり、国民一人一人の聴視料でまかなわれているからである。  民放テレビはすべて広告料によってまかなわれている。広告業界は巨大独占体によって支配されている。その巨大独占体は米国の共和党系の広告独占体と提携している。日本の民放テレビは日米広告独占体によって支配されている。この広告独占体は日米両国政府と一体化している。こうして、民放テレビは「不偏不党」の放送法の規定を無視して、小泉首相、自公連立政権の広告塔となった。しかも民放テレビは広告独占体が調査を行っている視聴率に支配されている。  大新聞もいまや、購読料による経営は困難となり、広告費依存の経営になっているため、広告独占体の支配下にある。小泉内閣は広告独占体と一体化しているため、大新聞を支配下におくことができた。  NHKは広告独占体が行う視聴率調査とは無関係に自主的に放送内容を決定し、実行することができる。視聴率の拘束下にある民放テレビは、高視聴率をとるよりも、他社に負けないために放送レベルを他社の同時刻の放送に揃える。重視されるのは視聴率の数字だけである。放送の品質は低下する。民放テレビの場合、放送の質に対するチェックがほとんどないため、品のないふざけた不真面目放送が増える。こうして教育上問題のある放送が横行することになる。  民放テレビの政治報道番組は、小泉政権、自民党・公明党と一体化している。これに対し、NHKは政治報道において民放よりもはるかに中立性が高い。民主党、共産党、社民党、国民新党などの野党議員の姿は民放ではほとんど見ることができないが、NHKでは見ることができる。国際報道、文化・歴史の放送については天と地ほどの差がある。  従米政治家の小泉首相と竹中総務相が始めたNHK改革の議論は、NHKを意のままに動かそうとする狙いのもとに行われている。民営化などという無謀なことを言い出した竹中総務相は、危険な政治家である。これから、全国民が竹中氏を監視していかなければならない。NHK審議会のメンバーは竹中エピゴーネンばかりである。これでは、公正な審議は期待できない。  NHKは国民共有の公共財産である。全体としてはNHKは国民のための放送をきちんと行っている。聴視料問題はあるが、これは全国民がNHKを支援することによって乗り切るべきである。  NHKはいまのままでよいのだ。NHKの真面目さ、誠実さは維持されるべきである。政治家が干渉すべきではない。改革はNHK自身にまかせればよい。  マスコミの正常化は、大新聞と民放テレビが小泉政権の支配から自由になることによって可能となる。大新聞と民放テレビが中立性・自主性・独立性を回復することが2006年の課題である。これができなければ、大新聞と民放テレビは国民から見放されるだろう。  とにかく、全国民の力で、竹中総務相という米国政府の手先の政府干渉から、NHKを守らなければならない。

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに投票をお願いします)

http://www.blogaward.jp/section.php?section=5 (日本ブログ大賞2006に推薦をお願いします)

 

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中