いのちの教育?理系白書


            いのちの教育?

http://spaces.msn.com/rikei/blog/cns!B2DB7723CECCAA05!4847.entry(理系白書)

 

僕の高校時代は、物理、化学、地学、生物は必修だったと思います。ただし、大学受験科目は物理と化学でした。生物は覚えることが多かったのと、入試問題が難しかったから選択しませんでした。また、当時の生物も面白いという印象はありませんでした。

いのちの教育ということですが、いのちは当然、ヒトの命ということですね。現在、地球上で君臨しているのはヒトですから、一番大切にされるべきです。無駄な殺生はできるだけ避けたほうが良いと思いますが、ヒトは無機物、微生物、植物、他の動物の一部を摂取していかないと生きてはいけない。菜食主義者も命を持っている植物を食べているので、他の生命を犠牲にしているので、我々と同じだと思います。

ヒトに害を与える細菌もインフルエンザウイルスも生き残るために、遺伝子を変異させています。天然痘ウイルスは撲滅されましたが、ヒトにとって極端に有害なものは根絶しないといけません。

一人の人の命は地球より重いという言葉がありますが、これはエコロジカルな観点から見ると間違っています。僕は地球も命を持った生き物だと思っています。生きている太陽があり、生きている地球があるおかげで、多種多様な生物が進化、そして一方、絶滅もしています。人類がそのうちに地球から排除されないよう願っています。

 

http://www.csu.edu.au/learning/eubios/BHSJ.htm (生命倫理教育アンケート)

http://www.terra.dti.ne.jp/~taksato/kannkyou/kanrin.htm#625 (環境倫理学)

http://www.saiton.net/ethics/kougimenu2.htm#menu (応用倫理学)

http://wwwj2.comp.eng.himeji-tech.ac.jp/news/docs/hm9-3.html (一人の命は地球より重い?)

http://www.hatena.ne.jp/1121623079 (議論)

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに投票をお願いします)

http://www.blogaward.jp/section.php?section=5 (日本ブログ大賞2006に推薦をお願いします)

 

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 医学 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中