裁判員制度の違憲性、裁判員から逃れる技術


           裁判員制度の違憲性、裁判員から逃れる技術

以前にも、同様のトピックをとりあげたが、医師の反応は少なかった。最近、下記のようなブログを見出したので、ご参考までに。とくに、裁判員から逃れる技術は参考になるかもしれない。僕の予想では、この制度は発足して数年後には破綻するのではないかと思っている。理由は出頭拒否が増えることや、マスコミが介入することや、裁判員の安全が脅かされる事態が発生することなどによる。

http://okelaw.blog8.fc2.com/blog-entry-60.html#comment3

(裁判員制度と判例時報)

http://susan.air-nifty.com/homedry/cat263546/

(裁判員から逃れる技術))

http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20040510

(裁判員制度の違憲性))

http://otakulawyer.seesaa.net/article/10351282.html(オタク弁護士)

 

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに投票をお願いします)

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 裁判員制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中