荒川静香選手のレイバック・イナバウアー


           荒川静香選手のレイバック・イナバウアー

荒川静香選手の金メダルは、レベル4の技術点をとれる演技を5回も成功させたことにより確実になったようだ。ちなみに村主選手のレベル4の演技は1回のみであった。新しい採点法により荒川選手は高得点を取るべく、オリンピック直前にコーチも曲も演技内容も変更した。

荒川選手は新採点法では低い評価(芸術点)のイナバウアーを披露してくれたが、優雅な舞で素敵だった。イナバウアーの由来は何だろうかと疑問に思い、調べてみたら、フィギュアスケーターであるイナ・バウアー(Ina Bauer)の名前から来ていた。Wikipediaからの引用であるが、荒川選手の演技は上体を極端にそらしてのもので、レイバック・イナバウアーと呼ばれる。コーエン選手も演じたことがある。

「イナバウアーは、フィギュアスケートの技で、足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑る技である。1950年代に活躍した旧西ドイツフィギュアスケーターであるイナ・バウアー(Ina Bauer)が開発したのでその名が冠された。」

荒川静香が得意としている技である。荒川は上半身をそらして行うので、上体をそらすのがイナバウアーであるという誤解が生まれた。荒川の「(レイバック・)イナバウアー」は、非常に美しい技であるが、上体をそらしてのイナバウアー自体はそれほど難しい技ではないようだ。しかし、荒川ほど深く上体を反らすイナバウアーは他の選手には真似できないと言われる。」

http://www.jacksonskates.com/photos/fotot-38.html(Ina Bauer)

http://www.jacksonskates.com/html/dj_fot2c.html (Ina Bauer)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%90%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC(イナバウアー)

http://mimc.blog16.fc2.com/blog-entry-104.html(イナ・バウアーって・・・)

http://noswing-nolife.at.webry.info/200602/article_13.html

 

http://torino.yahoo.co.jp/voice/serial/osada/at00008126.html(長田渚左の「トリビアン☆トリノ」)

http://www.geocities.jp/judging_system/ (資料室:詳細なデータがあり)

http://mdn.mainichi-msn.co.jp/national/news/20060223p2a00m0sp023000c.html(荒川静香)

http://www.buffalonews.com/editorial/20060224/1069271.asp (英文記事)

 

http://en.wikipedia.org/wiki/Shizuka_Arakawa (荒川静香)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E5%B7%9D%E9%9D%99%E9%A6%99(荒川静香)

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに投票をお願いします)

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中