尾鷲総合病院の臨時採用産婦人科医師の給与は5520万円


     尾鷲総合病院の臨時採用産婦人科医師の給与は5520万円

 僕は尾鷲出身の医師です。5520万円は他の医師の3倍強であり、少し高めではないかと思います。うわさによると、3000万円で交渉したが、だめだったとか。  しかし、産婦人科医ゼロでは、困るので高額の給与で尾鷲市は妥協したのでしょう。しかたないでしょう。  コメントを出している高田さんは、中学時代の担任の先生でした。当該の産婦人科医師は中日新聞によると、病院に寝泊りしているそうで、一人医師で大変だと思います。また、同じ待遇で雇ってくれないかという電話があったとか。  署名の数が尾鷲市の人口を超えているのはおかしいとの指摘がありますが、周辺の市町村の人の署名もあったと思います。  おととしだったでしょうか。大雨でJRの線路が流されたときには、陸の孤島という感じだったのですが。そのおかげで、無料の高速道路(紀伊長島~尾鷲)の建設が始まりました。

http://www.kumadoco.net/event/view.php?year=2005&month=5#1645

http://doctomatching.at.webry.info/200603/article_10.html

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに投票をお願いします)

参考記事:

尾鷲総合病院:やっと確保の産婦人科医、報酬5520万円 市民は“困惑” /三重 ◇平均の3倍「チームワーク心配」  医師不足に悩む尾鷲市が独自に確保し、昨年9月から市立尾鷲総合病院に招いている産婦人科医の年間報酬が5520万円に上ることが7日までに分かった。同病院の医師の平均給与は約1500万円。その3倍以上の破格な報酬に市民からは「産婦人科医の存続は有り難いが、市の財政事情から考えると高額すぎるのでは」と困惑する声も出ている。  6日に開かれた尾鷲市議会の一般質問で、小倉益男・同病院事務長が、産婦人科医の報酬について「年間契約の顧問料として5520万円」と答えた。  同病院の産婦人科医は、三重大学医学部付属病院から派遣されていたが、付属病院の医師不足に伴い、昨年7月以降、派遣がストップ、常勤の医師がいなくなった。これを受け、市民団体が同科の存続を願う活動を展開、6万人を超す署名を集め、三重大と県に陳情した。しかし、派遣は再開されず、市独自で探した結果、津市の開業医が9月から来てくれることになった。  伊藤允久尾鷲市長は、今回の待遇について、開業医を閉めて来てもらう特別な事情や本人の希望なども考慮して決めたという。  これに対し、市民団体のメンバーの一人、高田大礼・尾鷲自治連合会長は「他の医師とあまりにも格差があると医師のチームワークが乱れるのでは」と心配する。また、存続を願う署名をしたという市内の主婦(36)は「お金優先のように思えて悲しい」と話し、市内の別の主婦(61)は「医師の受け入れはお金だけの問題ではない。医療過疎地ではいかに医師を大事にし、育てていくかが重要。今回の報酬問題は、医師を思いやる市民の気持ちも問われている」と話した。【七見憲一】 〔三重版〕3月8日朝刊 (毎日新聞)

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

尾鷲総合病院の臨時採用産婦人科医師の給与は5520万円 への1件のフィードバック

  1. ranmu より:

    近藤さん;
     
     どうも、書き込みありがとうございます。是非、研修を当病院で行ってくださるよう期待しております。
     
     産婦人科医の起訴は間違いであり、無罪になると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中