生方議員、民主党を離党し、自民党に入党したらいかがですか?


生方議員、民主党を離党し、自民党に入党したらいかがですか?

 

生方副幹事長は仕事をさぼっていてばかりで、テレビに出まくり、小沢幹事長の批判ばかりをしている。この行為は自民党を利する行為であり、反党的であり、本来なら除名処分すべきだと思う。自民党はこの事態を大喜びしているし、反小沢のマスコミもとびついている。

 

小沢幹事長を証人喚問せよというのは自民党の主張であったが、受け入れらなかった。小沢幹事長が悪をおこなっているとの前提で証人喚問なんて、到底受け入れられるものではない。毎週、小沢幹事長は記者会見を開いている。彼は何度も釈明しているが、テレビでは編集されて、一部しか報道されていない。疑惑があるような報道ばかりで、国民世論は小沢氏を悪と決めつけている。

 

また、民主党のなかでも、反小沢がいて、いつも批判する人たちは決まっている。枝野議員、渡部恒三議員などだ。とくに問題なのは黄門気取りであった渡部議員です。もう引退してください。

 

参考記事:

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E6E2E1878DE0E6E2E1E0E2E3E28297EAE2E2E2;at=ALL

 

民主・生方氏、なお小沢氏を批判 言動に反発も

 民主党執行部が急きょ、解任方針を撤回した生方幸夫副幹事長は24日も小沢一郎幹事長への批判を強めた。政治資金問題について、小沢氏が国会の参考人招致や証人喚問などで説明するよう要求。権限が集中する党幹事長室の改革を小沢氏に直接、訴える考えも示した。

 記者団には「副幹事長として幹事長を支えなければならない立場だが、その場で支えられるのかどうか判断する」と表明。主張が聞き入れられない場合、副幹事長の辞任もあり得ると強調した。

 同党内には反発も広がった。生方氏がテレビ出演のため、昼の党国会対策委員会関連の会合を無断で欠席したことに批判が集中。平田健二参院国対委員長は記者会見で「彼の人間性の問題だから論評もしたくない」と不快感をあらわにした。

 

http://blog.with2.net/link.php/36571 (ブログランキングに登録しています)

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中