中国人民に告ぐ!そして、菅政府に抗議する!


中国人民に告ぐ!そして、菅政府に抗議する!

 

尖閣列島は中国の領土ではない!

日本の領土である!

尖閣列島の歴史を学べば、理解できる!

 

尖閣列島周辺の海底に天然ガス資源があることが判明してから、中国は、尖閣列島は中国固有の領土であると主張し始めたではないのか!

もし、何の資源もなければ、固有の領土とは主張しなかったのではないのか!

この疑問に対して、適切な回答があるか!

 

明治政府の時代に尖閣列島を調査し、日本固有の領土として確定した。

清朝の時代とはいえ、その宣言以後、文句を言う国はなかった。

戦後は一時的には、アメリカに帰属はしていたが。

http://focus.allabout.co.jp/contents/focus_closeup_c/politicsabc/CU20040329/index/?from=dailynews.yahoo.co.jp

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

 

中国に民主主義はない!

共産党一党独裁である。

共産党体制に異議を唱える人民は逮捕され、処刑される国である!

間違った教育が行われている!

地方と都会の貧富の差は極端すぎる!

中国こそ、軍国主義国家である!

 

尖閣列島問題で日本に対して、次々と脅し文句を発し、しかも、実際に理不尽な行為をエスカレートしている!

日中戦争が起こるかもしれない!

実際はもう、始まっている!

 

日本政府は腰ぬけである!

那覇地検に政治判断をさせてしまい、政府の責任はないと弁解している!

中国船をだ捕したときから、中国側のこのような理不尽な対抗策は想像できなかったのか!

安全保障とは、あらゆる事態に備えて、万全に対策を立てておくことではないのか!

 

菅、仙石、前原、岡田らの発言には納得できない!

3権分立というが、戦争前状態では、政治主導が必要である。

もし、小沢首相が誕生していたら、違った結果になっていたであろう。

 

中国とはまともには付き合えない!

非常識な見解を持つ中国に対しては、世界の世論を味方につけねばならない!

国連での菅首相の対応はまずかった。

瀕死寸前の内閣である。

マスゴミが操作するいわゆる世論調査では、菅内閣の支持率が一挙に50%以下に下落するであろう!

 

中国依存の経済を立て直すべきである!

地方を活性化し、内需を拡大し、中国に馬鹿にされない国づくりを始めなければならない。

 

小沢さんの登板が早まるかもしれない。

特捜検察は信頼できない。

検察審査会が政治家を抹殺できるような案件を取り上げないように、法律を改正しなければならない!

 

クリックをお願いします。

http://blog.with2.net/link.php/36571 (ブログランキングに登録しています)

 

 

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中