細野氏の訪中は小沢さんの意向か?


細野氏の訪中は小沢さんの意向か?

 

東京新聞のネット記事によると、細野氏は記者団に首相の特使ではないと述べ、首相も記者団にまったくこの件は承知していないと述べた。

 

中国との太いパイプを持っている小沢さんの意向で、細野氏が中国要人と会談したと解釈したい。菅首相が小沢さんに助け舟を懇願したかどうかは定かではないが、現時点の菅政権では、中国首脳との接触は無理である。細野氏の訪中を知った官邸が細野氏に首相親書も持参してほしいと頼んだかもしれない。

 

現在の菅、前原、仙石体制ではこの難局を乗り切るのは無理であろう。小沢さんの早期の復権を願っている。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010092901000749.html

 

【政治】

民主・細野氏が極秘訪中 首脳会談実現へ首相親書

2010930 0052

 

 民主党の細野豪志前幹事長代理が29日、極秘に中国・北京を訪問していることが分かった。民主党関係者が明らかにした。別の関係者は細野氏の訪中目的について、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議の際に、菅直人首相が中国の温家宝首相と会談する可能性を模索するためだと明らかにした。

 

 首相から中国政府首脳にあてた親書も携えているとされ、首相の事実上の“密使”として中国要人と接触したとみられる。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善を図るのが狙いだ。

 

 細野氏は29日夜、北京市内で記者団に「(首相の)特使ではない」と述べ、会談相手についても「一切答えられない」と語った。首相も29日夕、記者団に「まったくこの件は承知していない」と述べるにとどめた。

 

 細野氏は、中国側と太いパイプを持つ民主党の小沢一郎元幹事長と近い。今回の訪中の背景に小沢氏の意向が働いているとの見方も出ている。

 

 ただ、外務省を通じた通常の外交ルートとは一線を画す官邸主導の議員外交の色合いが濃く、野党側が“二元外交”と批判を強める可能性もある。

 

(共同)

 

クリックをお願いします。

http://blog.with2.net/link.php/36571 (ブログランキングに登録しています)

 

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中