国民は騙されている 小沢「強制起訴」の虚構


[国民は騙されている 小沢「強制起訴」の虚構]テーマ:小沢事件

http://ameblo.jp/asuma-ken/entry-10779400708.html

2011-01-25

【第5回】水谷建設元会長の国会喚問を要求すればいいじゃないか [国民は騙されている 小沢「強制起訴」の虚構]

(日刊ゲンダイ2011/1/25)

小沢事件とは、突き詰めれば、水谷建設(三重県桑名市)から小沢サイドにウラ献金1億円が渡ったかどうかに尽きる。

第一報を報じた09年11月中旬の共同通信の記事は生々しかった。

「関係者によると、現金提供は04年10月と、05年春ごろの2回。授受に立ち会ったのは、小沢氏の公設第1秘書で資金管理団体『陸山会』の元会計責任者大久保隆規被告と、当時秘書だった石川知裕衆院議員で、この2人から要請されたという。別の関係者は、提供額は1回当たり5000万円だったとしている」

他紙も一斉に後追い報道したものだ。これが本当なら、悪質な汚職事件であり、小沢元代表が「政治とカネ」で叩かれるのは当然。秘書たちが逮捕・起訴されたのも仕方ない。

では結局どうだったのか。ウラ金疑惑は途中で完全に消えてしまった。東京地検特捜部はこの問題で小沢本人はもちろん、元秘書も起訴できなかった。問えたのは、資金報告書の「虚偽記載」という形式犯的なミス記載にすぎなかった。検察審査会の議決の中にも「土地購入の4億円の出どころ」という言葉があるだけで、あれだけ大騒ぎした水谷建設1億円の文字はない。

どういうことか。検察に詳しいジャーナリストの魚住昭氏は、「検察の小沢捜査は、生きるか死ぬかの戦い。1億円疑惑で証拠をつかんでいれば、本人を起訴した。それができなかったということは、何もなかったということ。見込み捜査の失敗、検察の完敗です」と語った。そういうことなのだ。

与党の大物幹事長を相手に、あれだけリーク情報を流し、大マスコミを踊らせ、期待させた以上、1億円疑惑が事実なら、当然、逮捕・起訴に踏み切っている。それができなかったのだから、どんな言い訳も通用しない。特捜部が一杯食わされたか、ガセネタに踊らされたのである。そう考えるしかない。しかし、検察がヨタ話に引っかかって、当時の与党幹事長を血祭りに上げたとなれば、検事総長以下のクビが飛ぶ大問題。検察の「正義」は地に落ち、一転、袋叩きにされる。そこで無理やり「期ズレ」という記載ミス問題をこじつけ、小沢の秘書3人を「虚偽記載」容疑で起訴し、メンツを保とうとしたのが小沢事件のウラ側である。

大新聞テレビの司法記者たちも同じだ。「ヨタ話にだまされました」とは口が裂けても言えない。そこで「政治とカネ」というあいまいな言葉で、さも小沢疑惑が続いているかのように装い、自分たちの失態を糊塗しているのだ。「違う」と言うのなら、大新聞テレビは自分たちの正しさを証明すればいいではないか。

1億円ウラ献金の情報源である水谷建設の水谷功元会長は、幸い、脱税による刑務所服役が終わり、昨年3月に出所し、シャバにいる

菅民主党や自民党に働きかけて、国会で喚問したらいい。小沢喚問の要求よりも、よっぽど合理的だ。なぜ、しないのか。できないのか。

(つづく)

http://ameblo.jp/asuma-ken/entry-10780476144.html

⑥ [国民は騙されている 小沢「強制起訴」の虚構]テーマ:小沢事件

2011-01-26

最大のナゾは、核心の「水谷1億円事件」を立件できなかったことだ [国民は騙されている 小沢「強制起訴」の虚構]

(日刊ゲンダイ2011/1/26)

「5000万円を2回渡した」の証言は何だったのか

水谷建設元会長(65)の証言は、なぜ採用されなかったのか。消えてしまったのか――。「小沢元代表の秘書2人に5000万円ずつ渡した」という話は衝撃的だった。しかし、1億円ウラ金疑惑は立件されなかった。小沢事件の最大のナゾと疑問はここにある。

「脱税で三重刑務所に服役していた水谷建設の水谷功元会長に、東京地検特捜部の検事が会いにいったのは、09年夏です。当時の特捜部は、小沢捜査に行き詰まっていた。その年の春、西松建設からのダミー団体献金事件で、小沢氏の第1秘書の大久保隆規被告を逮捕・起訴したものの、小沢氏にはまったく迫れず、“形式犯程度で逮捕したのか”とズサン捜査を批判されていた。そんなときに、刑務所にいる水谷元会長から、すごい材料が取れるということで、検事が出向いたのです」(司法関係者)

水谷元会長の“証言”は、「04年10月と05年春、東京・赤坂の全日空ホテル(現・ANAインターコンチネンタルホテル東京)の喫茶ロビーで、当時の石川知裕秘書と大久保隆規秘書にそれぞれ現金5000万円を手渡した。岩手の胆沢ダム工事の受注の謝礼だった」というものだった。

喜び勇んだ検事は、当時の小沢事務所のカネの動きを探る。すると陸山会の05年の政治資金報告書に世田谷の土地を購入した記載があった。詳しく調べると、小沢が3億4000万円を支払って購入したのは前年の10月29日だった。

実際に5000万円を手渡したとされる水谷建設・川村尚社長などから事情聴取した結果、石川秘書に手渡した日は10月15日。「ピッタリ一致する。ウラ献金を土地購入費に充てた。それを隠すために、記載を05年の収支報告書にズラしたんだ」――地検特捜部はそう見立てたのである。

その後は、大マスコミの一斉報道、石川知裕衆院議員、大久保隆規元秘書に対する聴取が続き、正月をまたぎ、翌10年1月、2人が口を割らないことから、逮捕となったのである。

特捜部は、水谷建設の出金記録、5000万円を東京駅から全日空ホテルに運んだとされる川村社長の運転手の証言も得ていた。提供側の証拠は固まった。「あとは逮捕して叩けば口を割る。ガサをかければ証拠も出てくる」とばかりに、強制捜査に出たのである。

ところが、そこから捜査は何も進展しない。元秘書の石川議員は「受け取っていない。水谷会長とは一回も会ったことがない」と容疑を否認し続けた。小沢本人も聴取したが、土地購入の4億円の原資について説明されて終わりだった。結論は不起訴。秘書たちについては収支報告書の「虚偽記載」の容疑を無理やりこじつけるのが精いっぱいだった。

検察捜査の完敗である。見込み捜査はどこで狂ったのか。考えられるのは、水谷建設側の証言の信(しん)憑(ぴよう)性である。水谷功元会長の証言をうのみにしたところに、検察の大失敗の一歩があったのだ。(つづく)

コメント:

日刊ゲンダイの小沢氏に対する記事は一番まともなである。それにくらべ、その他の新聞などのマスゴミの論調は相変わらず、反小沢である。自分たちが、いかがわしい情報リークを怒涛のごとく報道し、世論を反小沢に誘導していった罪は大きい。小沢氏が無罪になったら、どう釈明するつもりだろうか。日本の政治の流れを変えてしまったマスゴミの責任は重い。

https://marugametorao.wordpress.com/ (ニューロドクター乱夢随想録)

クリックをお願いします。

http://blog.with2.net/link.php/36571 (ブログランキングに登録しています)

広告

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中