「千と千尋の神隠し」「封神演義」と「龍」

「千と千尋の神隠し」「封神演義」と「龍」

宮崎監督が引退宣言をした。72歳である。まだ引退するには若いと思うが、今までに素晴らしい独創的なアニメを制作してきたが、多くの日本人が彼のファンである。今まで、時代を先取りしていたアニメを作っていたが、今では現実が近づいてきた。現在は戦前に似ていると言ったそうだ。憲法改正が声高に叫ばれる時代となり、現実的に第9条が改正されるかもしれないという危惧がある。

「また同じ時代が来たから。まさに同じ時代と思う。みんな不安だ、不安だとはやりのようにいってるけど、不安なんて、20世紀にさんざん思って『ナウシカ』を作った。いまさらね」「いま必要なのは世界はどこへ行くのかっていうもっと大きな視野だと思う」「『風立ちぬ』は精一杯生きた人たちがいたことを描いた。力を尽くして生きてほしいというメッセージです」

毎日、朝は夢を見ているが、1カ月前に初めて次のような場面があった。用水路を眺めていたら、大きな魚が出てきたら、そのあと、なんとやや薄めの黄金色の大きな龍が目の前に現れたのだ。その龍を抱きしめたようだった。どうして龍が出てきたかなと想像すると、数か月前の中国ドラマの「封神演義」を英語字幕の無料HPで見ていたことによるかもしれないと思った。また、「千と千尋の神隠し」の白の龍も気に入っていた。

宮崎駿監督の作品で好きなアニメは次の順である。

千と千尋の神隠し

風の谷のナウシカ

もののけ姫

天空の城ラピュタ

魔女の宅急便

http://www.cinemart.co.jp/houshin-dakki/「封神演義」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%A7%BF

http://nonukes.exblog.jp/19559613/

宮崎駿監督は堀越二郎の時代と同じ危機感を抱いている

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングに登録していますのでよろしく)

 

 

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: エンターテイメント, ニュースと政治, 趣味, 挑戦, 映画, 武侠ドラマ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中