日本臨床:「神経症候群II」―その他の神経疾患を含めて

日本臨床:「神経症候群II」―その他の神経疾患を含めて-第2版

「傍腫瘍性脳幹脳炎」の項目の執筆依頼があり、先日脱稿した。引用文献が15編以内で

表が2つの場合は、本文は3600字以内という厳しい制限があり、十分にまとめきれなかった。2008年に神経内科の同じ項目で総説を書いたが、今回は新しい論文をできるだけ引用するように心がけた。下記は2009年以降の文献であるが、非常に参考になる優れた総説には印をつけた。

文献

1)*** McKeon A, Pittock SJ: Paraneoplastic encephalomyelopathies: pathology and mechanisms. Acta Neuropathol 122: 381-400, 2011.

2)*** Melzer N et al: Paraneoplastic and non-paraneoplastic autoimmunity to neurons in the central nervous system. J Neurol 260: 1215-1233, 2013.

5)** Blaes F: Paraneoplastic brain stem encephalitis. Curr Treat Opt Neurol 15: 201-209, 2013.

8) Saiz A et al: Anti-Hu-associated brainstem encephalitis. J Neurol Neurosurg Psychiatry 80: 404 – 407, 2009.

15) Mundiyanapurath S et al: GABA-B-receptor antibodies in paraneoplastic brainstem encephalitis. J Neuroimmunol 259: 88-91, 2013.

(当院では採用していないジャーナルなので、著者にメールしてPDFを送ってもらった。PDF依頼のメールを送ると、ほぼすべての著者からPDFをメールで送ってくれる。便利な時代になったものだ。なお、12月からElsevierのClinical Keyというデータベースを当院で採用することになり、Elsevier発行の医学系ジャーナル500以上のすべてが閲覧可能となる。Textbookも1000以上、動画も15,000以上など利用でき、非常に便利になる。http://info.clinicalkey.com/jp/

http://blog.with2.net/link.php/36571

(ブログランキングに登録していますのでよろしく)

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中