ドクターG山中克郎教授の教育症例カンファレンス:左胸部、背部痛

2013年9月17日教育症例カンファレンス

「左胸部痛と左背部痛がある39歳女性」

主訴:左胸部痛、左背部痛

現病歴:

昨夜から居酒屋で仕事後、急に悪寒と左前胸部痛があり、その後、左背中、腋窩の痛み。大きい息が吸えない。左半身の循環が悪い気がする。左手で荷物を持つと重く感じ、しびれもある。朝は痛みなし。

既往歴:なし

薬剤歴:なし アレルギーなし

現症:

36.8℃ 血圧126/61 脈拍 65  SPO2 99%

理学所見;異常なし 皮疹なし

神経学的所見;異常なし

Problem List

#1 左胸痛

#2 左背部痛

#3 左上肢しびれ

鑑別診断

1.胸郭出口症候群

2.頸椎症

3.肺癌

4.頸椎椎間板ヘルニア

5.高安病(大動脈炎症候群)

6.大動脈解離

検査:

血液検査;正常

EKG;正常

胸部XP;正常

造影胸部CT;正常

もっと検査が必要?

頸椎MRは?

理学所見の追加

仲田和正先生のC5-7の検査の覚え方を披露

診断:

胸郭出口症候群

なで肩;鎖骨が下がり、神経圧迫

電車のつり革につかまっていると手がしびれる

胸郭出口症候群の検査:

1.3分間上肢挙上負荷テスト;最も感度が高い(ルーステスト)

吊り革にぶらさがるように、両上肢を外転外旋した状態で指の屈伸を繰り返す。

手がしびれてくる。

2.Wrightテスト

両上肢の外転外旋で橈骨動脈の脈拍が消失する

3. Morleyテスト

鎖骨上窩の腕神経叢を圧迫すると圧痛がある。

(整体;同部のマッサージ;悪化させる)

参考:

20代の脳梗塞;整体にて頸部の操作;頸動脈解離に注意

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1297923/pdf/11285788.pdf

http://www.igaku.co.jp/pdf/1204_brain03.pdf#search=’%E6%A4%8E%E9%AA%A8%E5%8B%95%E8%84%88%E8%A7%A3%E9%9B%A2+%E6%95%B4%E4%BD%93

最終診断:

上記の3つの検査すべて陽性

胸郭出口症候群

治療

7日間 NSAIDs処方

うつむき姿勢での長時間の仕事、重い物を持たせないように生活指導。

症状は軽快した。(居酒屋で生ビールをたくさん運んでいた)

車:後ろを向くときに首だけを動かさないように。

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/thoracic_outlet_syndrome.html

(日本整形外科学会)

http://blog.with2.net/link.php/36571

(ブログランキングに登録していますのでよろしく)

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中