ドクターG:Quick Assessment:シマウマ探しはするな!(山中克郎教授)

2013年11月12日

山中克郎教授による教育症例カンファレンス

「Quick Assessment:シマウマ探しはするな!」

1.86歳女性

昨日、転倒。腰の下部が痛がり、床から起き上がることができなくなった。

必要な診察は?

診断:腰椎圧迫骨折

胸椎移行部の圧迫骨折;高齢者の急性腰痛で一番多い

側臥位または腹臥位で検査:棘突起の叩打痛

2.32歳女性

肉眼的血尿

頻尿、残尿感、排尿時痛

CVA叩打痛なし

抗生物質は何を使用するか?

診断:単純性膀胱炎

大腸菌90%

ニューキノロンの投与は間違い。

第2世代のパンスポリンまたは、ST合剤 ホスミシン

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/95/11/95_11_2238/_pdf

清田 浩: 尿路性器感染症 (Genitourinary tract infections) 日本内科学会雑誌

Vol. 95 (2006) No. 11

3.72歳男性

2時間前に右手でコップが持ちにくくなった.

しばらくしてよくなった。

―――score?

TIA:

ABCD2 score

A: age, B: blood pressure, C: clinical features, D: duration, D: diabetes

4. 風邪はだれ

3人の患者の症状が示された。1例のみ、鼻水と咳を呈した。残り2人は咽頭痛や咳などの単独症状であった。

風邪症候群:鼻水 咽頭痛 咳 のうち2つあれば風邪

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E9%82%AA

5. 82歳女性

寝ていると、下肢が定期的にぴくぴくと動く

病気は

治療は

診断:PLMD:Periodic Limb Movement Disorder

RLS (Restless legs syndrome)を合併することもある

鉄欠乏、腎不全、抗うつ薬内服患者の多い

寝る前にビ・シフロールを投与する

フェリチン50以下 鉄剤を投与する

https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/129/6/129_6_418/_pdf

有竹清夏, 榎本みのり, 松浦雅人: (2007). 神経疾患と睡眠障害. 日本薬理学雑誌, 129(6), 418-421.

6. 46歳女性

デパス1.5㎎/日1年前から内服、継続処方を希望している

どうすべきか。

ベンゾジアゼピン系薬

  抗不安薬の30日を超える処方は依存性や副作用の面から好ましくない

時間をかけてゆっくり減量していく. SSRIに変えていく。

7.17歳男子

3日前の夜、夏合宿でバーベキューを食べた。

今朝から発熱、水様性下痢、腹痛

クラブのほかのメンバー3人も同様症状がある

疑うべき疾患は?

診断:カンピロバクター感染症 鶏肉に注意

水様性下痢、血便

臍周囲の腹痛

嘔気、嘔吐

前駆症状

10% 発熱 悪寒 頭痛 倦怠感

ジスロマックが良い

8.62歳男性

昨日から変なことをいう。 歩行時にふらつく。眼球の外転不良。

可能性のある疾患は?

診断:ビタミンB1欠乏症

Wet beriberi  高拍出性心不全;末梢血管抵抗の低下による

Dry beriberi 末梢神経炎、Wernicke脳症、Korsakoff症候群

Wernicke脳症の3徴:錯乱、運動失調、 眼筋麻痺(外転神経麻痺が多い)

3徴がそろうのは17%

治療:アリナミンF 100mg点滴投与

9. 72歳男性

6か月前に心筋梗塞の既往があり

エビデンスに基づいた心筋梗塞の2次予防に有効な方法は何か

禁煙、スタチン、アスピリン ACE阻害薬 β遮断薬 diet 身体活動、インフルエンザワクチンなど

http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_ogawah_h.pdf

10. 23歳女性

8週間以上続く咳のため来院した。

可能性の高い疾患は何か?3つあげよ。

1.上気道咳症候群

2.咳喘息:気管支拡張剤と吸入ステロイド

3.逆流性食道炎

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/97/4/97_859/_pdf

蓮沼剛: (2008). 成人の長引く咳について. 日本内科学会雑誌, 97(4), 859-865.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/95/8/95_8_1487/_pdf

新実彰男:(2006) 咳喘息と類縁疾患. 日本内科学会雑誌, 95(8), 1487-1492.

http://blog.with2.net/link.php/36571

(ブログランキングに登録していますのでよろしく)

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

ドクターG:Quick Assessment:シマウマ探しはするな!(山中克郎教授) への1件のフィードバック

  1. 蓮沼 剛 より:

    拙稿をご紹介いただきありがとうございました。総合内科専門医 蓮沼 剛

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中