予想通りに舛添さんが都知事に選ばれた。

予想通りに舛添さんが都知事に選ばれた。

舛添さんの得票数は自民党、公明党支持者の基礎票にほぼ一致する。やはり、脱原発を進める候補が2つに分かれたのが敗因である。

また、テレビをはじめとするマスコミが、脱原発をかかげる細川さんの選挙運動の報道を極端に抑制したことも敗因の一つである。盛り上げにかけたというが、マスコミが都知事選を熱心に報道しなかったためだ。昼の茶の間のニュースで瀬戸内寂聴さんの訴えをとりあげていたら、局面は変わっていたと思われる。

宇都宮さんの得票数は前回の知事選とほぼ同数であり、共産党支持者の固定票であろう。

(最終得票 舛添要一 211万票 宇都宮健児 98万票 細川護煕 95万票 田母神俊雄 61万票)

田母神さんが、61万票も獲得したのは驚きであった。ネット右翼があちこちで書き込みをしているが、一定の勢力を形成していることが今回明らかになり、今後、注視していく必要がある。

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140213-00000000-sasahi-pol

瀬戸内寂聴「今回の都知事選挙はきっと歴史に残る」〈週刊朝日〉

dot. 2月13日(木)7時16分配信

 

脱原発の是非を問うた今回の東京都知事選挙(2月9日投開票)を、作家の瀬戸内寂聴氏は歴史の一ページとなるだろうという。

 

私は今回の都知事選で細川さんを応援し、何度もご一緒に街頭演説をしました。以前から政治には関わらないと心に決めていましたが、「今の政治の現状に、やむにやまれぬ気持ちで出馬した」という細川さんの情念に、感動したからです。

 

細川さんとは会ったことがなかったんですが、一緒に演説して回って、素敵な方だとわかりました。品が良くて、他の候補者みたいに、大きな声で「私に投票してください」とか、ガチャガチャ言わない。小泉さんもそうですが、原発問題のことだけを話すから、選挙の演説というより、何か、学者さんの講演を聞いているような感じでした。

 

でも、二人とも、とても真っ当なことを訴えていました。人間が自分の過ちを認めるのは難しいことですが、「今回の選挙は、首相時代に原発は良いものだと思って推進したことへのお詫びだ」と、はっきり言っていた。勇気のあることだと思います。不思議なのは、演説をして回っている間に、お二人がどんどん若返ってきたことです。最初にお会いしたときは正直、「ちょっと老けたな」と思ったんですが、見た目も元気になって、声にも張りが出てきた。たくさんの聴衆が一生懸命話を聞くものだから、そのエネルギーが二人に伝わったんですね。街頭演説には本当にたくさんの人が集まってくれました。

 

ちょっと残念だったのは、年配の方が多く、若い人が少なかったこと。日本の将来についての話ですから、私は若い人たちにこそ話を聞いてほしかった。中にはインターネットを通して演説を見た人もいらっしゃるでしょうが、若い人には政治に興味はあっても選挙には行かない、という人が多いとも聞きます。これからは、なんとかそういう人たちを集めていかないといけませんね。

 

安倍政権は憲法を変えようとしたり、特定秘密保護法を作ったりと、戦争をしたいとしか思えない。原発再稼働なんて、とんでもないことです。今回の都知事選は、そういう国の政治の方向を変える力を持つ選挙でした。たとえ負けても、安倍さんの考えていることに反対の人がこれだけ大勢いると示すことができたし、それは歴史にも残る。それに細川さんや小泉さんの訴えたことは、聞いてくれた人たちの心にずっと残っていくはずです。だから、私は後悔していません。本当に、二人を応援して良かったと思っています。

 

※週刊朝日  2014年2月21日号

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140213-00000009-sasahi-soci

 

室井佑月 NHKに「役目が逆でしょ」と怒り〈週刊朝日〉

dot. 2月13日(木)16時9分配信

 

作家の室井佑月氏は、NHKの朝のラジオ番組に20年間出演していたある教授の“降板話”について、こう言及した。

 

この原稿を書いているのは、都知事選の1週間前だ。選挙の行方が知りたいけれど、新聞やテレビではほとんど報道されないので、毎日ネットばかり見ている。各候補の街頭演説の様子を。

 

選挙となれば、どうせどの候補者もいいことしかいわないのだから、あたしが気になるのは演説よりも、そこにどのくらいの人が、どんな感じで集まってきたのかだ。

 

今回は、新聞の世論調査の結果と、各候補者の演説に集まる人の数や熱気などが、あまり結びついてないように見えて興味深い。

 

まあ、選挙といえば組織票が肝心だから、という人もいる。けど、組織だって人で成っているんだもん。

 

新聞があげる各候補者の政策の一覧表は見飽きてしまった。街頭に集まる群衆の写真をたくさん載せるべきじゃない? 人がどう判断し、どう動くのかを知りたかった人は多いと思う。

 

報道の持つ正義感が、一般人の正義感とかなり乖離してしまった今、もうそれ(写真?)以外にやりようはないんじゃないか。

 

話は変わって、つい先日、NHKの朝のラジオ番組に出演予定だった東洋大の中北教授が、番組内で原発をテーマに取り上げようとし、NHK側にテーマ自体の変更を求められ、20年も出演されていた番組をお辞めになった。

 

番組のディレクターに、「都知事選中は原発問題はやめてほしい」といわれたからだという。

 

中北教授が話したかったことは、選挙のことじゃない。「原発の再稼働のコストと事故リスク」について。国民は選挙の期間、原発について考えちゃいけないってか? それはNHKの判断なの? 選挙期間中、ルールがあって特定の個人を応援しちゃいけないことはわかる。けど、国民が広くなにか考えることを邪魔するのは、報道が絶対にしてはいけないこと。役目は逆でしょ、逆。

 

そのディレクターは、誰の指示でそういう判断を下したのか。コメンテーターの仕事をしていると、こういうことはたまにある。しかし、それが誰からの指示であるのか、現場ははっきりしない。上への忖度で……というような感じ。

 

バレたら大問題だからさ。でも、それももはや以前の常識。今はバレでも平気になった。

 

もちろん、NHKの籾井会長の就任会見発言問題のことをいっている。「政府が右と言えば右と放送する」だっ。

 

報道の役目ってなんだ? そう愕然としていたら……2月1日の東京新聞夕刊で面白い記事を見つけた。

 

「米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は三十一日、NHKの籾井勝人会長の発言などを取り上げ、安倍政権がNHKに干渉しようとしているとの不安を籾井氏が『自らの就任会見で事実だと認めたようにみえる』と報じた」というもの。仕事先への忖度で、あたしもなかなかそうはっきりはいえなかった。ちょっとスッキリ。

 

※週刊朝日  2014年2月21日号

 

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中