-裁判員制度のもとでの死刑囚に対する死刑執行はまだ行われていない-

-裁判員制度のもとでの死刑囚に対する死刑執行はまだ行われていない-

裁判員制度で素人裁判員が死刑判決を下し、死刑囚が死刑執行されたとき、その素人裁判員は間接的に殺人をおかしたことになる。このようなことは、裁判員制度が議論されたころから、わかりきっていたことである。ようやく、素人が声をあげたことを評価するが、遅すぎる!裁判官でさえ、死刑判決を下した死刑囚の死刑執行が行われた当日には合掌して、心に苦しみをもっていると、以前にNHKラジオで聞いたことがある。

「今も壮絶な葛藤と重圧」 元裁判員20人、死刑の一時執行停止を法相に要請

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140217/trl14021715030000-n1.htm

2014.2.17 15:02

裁判員として刑事裁判に携わった経験を持つ20人が17日、死刑執行を一時停止したうえで死刑についての情報公開を求める要望書に署名し、谷垣禎一法相あてに提出した。署名者には裁判員経験者らの中には実際に被告人に死刑判決を出した人も3人含まれ、「一般の刑罰と比べて死刑は明らかに一線を画するもの。壮絶な葛藤と、今なお抱える重圧がある」と要望書の中でその心情を表現した。

署名者らは「私たちは自分の判断の当否についての議論や、死刑制度の存廃を提起したいわけではない」と前置きしたうえで、「死刑の実情について詳しい情報公開がなされていない現段階で、裁判員裁判における死刑確定者の刑の執行がなされれば、裁判員経験者の煩悶は極限に達するだろう」と述べ、(1)執行の一時停止(2)死刑に関する詳しい情報の公開(3)死刑問題の国民的議論を促すこと-の3点を法務省に求めた。

裁判員裁判での死刑判決事件は計20件で、うち刑が確定している死刑囚はこの日現在で4人。裁判員制度のもとで執行はまだない。

裁判員経験者らは「死刑が法律に明記されている以上、必要な選択として適法とは理解している。死刑について不明瞭な中での執行に違和感を募らせている」としたうえで、裁判員制度のもとで死刑が確定した死刑囚への執行につき、「これまでは国家の判断による死刑だったが、これからは国民の判断による国民への死刑となる。死刑を直視し議論する機会を国民に与えて欲しい」と要望した。

要望書の提出を呼びかけ、提出後に会見した田口真義さん(38)は、「署名者の中には死刑判決を選んだ人や死刑肯定派もいる。死刑判断をした方たちは、判決当時は(判断は)間違っていないと今でも思っているが、一方で、今は何の情報もなく分からないままに死刑が執行されることに怖さと不安を感じている」と署名者らの気持ちを代弁。「裁判員裁判にかかわった一般市民からの『執行はちょっと待った』という声を無視しないでほしい。執行が続けば、裁判員はお飾りに等しい」と訴えた。

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治, 裁判員制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中