STAP細胞論文画像データが不自然?!

                    STAP細胞論文画像データが不自然?!

弱酸性の状態で単純にSTAP細胞が可能という論文は世界中の研究者を驚かせた。

30年以上前にペンシルベニア大学にて、ラット、マウス、剖検ヒト脳の培養を開始し、20年間、oligodendrocyte, oligodendrocyte progenitor cellなどを研究していた僕としては、この成果は信じがたい内容であった。一方、山中教授の研究はノーベル賞を受賞するほどの超素晴らしいものであり、パーキンソン病に対する応用ももうすぐ始まる。

子保方さんに対するマスコミの熱狂的な報道に違和感を感じた。若くてかわいい女性で深夜遅くまで研究を続けて、華々しい成果をあげたことは納得がいくが。でも、下記にリンクしたブログにあるように、この発見が他のラボで再現可能かどうか、ヒトの細胞で可能かどうか、adult cellsで可能かどうかが、この論文の重要性を決定する。

共同研究者のハーバード大のグループはさらに研究を進めているらしい。

細胞に強い刺激を与えただけで作製できる新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の開発に理化学研究所と共にかかわった米ハーバード大の研究チームが、脊髄損傷で 下半身が不自由になったサルを治療する実験を進めていることを30日明らかにした。

研究チームの同大医学部・小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなった サルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったという。 現在、データを整理して学術論文にまとめている段階だという。研究チームは、人間の赤ちゃんの皮膚からSTAP細胞を作る実験にも着手。得られた細胞の能力はまだ確認中だが、形や色はマウスから得たSTAP細胞によく似ているという。(読売新聞:リンク切れになっている)

STAP細胞:「不自然な画像」指摘受け理研が論文を調査

http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000m040163000c.html

毎日新聞 2014年02月15日 04時30分

新しい万能細胞「STAP細胞(刺激惹起=じゃっき=性多能性獲得細胞)」を作ったと発表した小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーら日米の研究チームの論文について、インターネット上で「不自然な画像データが使われている」と指摘があり、理研広報室は14日、外部の専門家も加えて調査を始めたと明らかにした。理研は「研究成果そのものに問題はないと考えている」と説明する。

調査対象は、1月30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された論文2本。マウスのリンパ球に刺激を与えるだけで、体のあらゆる細胞になる多能性を獲得するという内容だ。

しかし、ネット上のさまざまなサイトで、▽論文の画像データの一部が過去の論文の画像を流用した可能性がある▽STAP細胞から作ったとする胎盤の写真が使い回しされている−−などと指摘された。このため、理研は複数の専門家による調査を13日に開始した。結果はまとまり次第、公表する方針。

理研は13〜14日、小保方さんらに聞き取り調査も実施し、「現時点では研究成果は揺るぎないと判断しているが、外部から指摘があったため調査を始めた」と述べた。【須田桃子】

http://www.ipscell.com/stap-new-data/

Knoepfler Lab Stem Cell Blog

But key open questions remain before anyone can really say just how important this is.

1. Will it be reproducible by other labs?

2. Will it work in human cells?

3. Will it work in adult cells?

4. What are the molecular mechanisms?

5. Do these cells possess significant rates of mutations or epi-mutations, the latter being abnormalities in the epigenome?

6. Are these cells tumorigenic (besides forming teratoma)?

In particular, if the answer to one or more of the first 3 questions is no, then the impact could be significantly muted.

http://www.gekiura.com/gossip/netuzo.png

(激裏情報)

http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/008ac025ee1ccf4c694869f09b053ee7

小保方晴子が筆頭著者の論文の不適切さについて

https://pubpeer.com/publications/8B755710BADFE6FB0A848A44B70F7D

“Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”

http://shimasho.blog.jp/archives/51910244.html

STAPで気になる6つのこと

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治, 神経学, 医学, 挑戦 パーマリンク

STAP細胞論文画像データが不自然?! への1件のフィードバック

  1. marugametorao より:

    Natureにこの疑惑に関する理研の調査が始まったことが書いてある。
    http://www.nature.com/news/acid-bath-stem-cell-study-under-investigation-1.14738

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中