ソチオリンピックと脳梗塞の講演会

2月24日   ソチオリンピックと脳梗塞の講演会

 2月22日地元の薬剤師会にて脳梗塞について講演会を行った。先週はソチオリンピックで午前4時すぎまでテレビ観戦していることが多かった。講演の合間に印象に残った選手の画像を紹介した。一番ショックだったのは浅田真央選手が前半のSPで信じられないようなミスをしてメダルの獲得が不可能になったことだった。トリプルアクセルにこだわったためと落胆していたが、なんと、後半のFSでは見た人すべてを感動させる演技内容であった。トリプル8回挑戦、ほぼすべて成功、本来の真央ちゃんを取り戻した!挑戦者姿を感じ、他の選手とは明らかに異なっていた。キム・ヨナ選手の演技はきれいであったが、技術点では真央ちゃんには及ばなかった。演技構成点で、メダルを獲得した選手と比べ、真央ちゃんの点数は5点ほど低かったことに納得がいかなかった。点数が低い理由としては、SP16位とメダル圏外に脱落したことで、最終グループに入っていればもう少し高い得点が出たかもしれないと書かれていた。

  脳梗塞 リスク削減 恩恵を受ける
             再発削減率  に要する期間  患者の比率
———————————————————————————————-
禁煙           50%    6か月~数年    25%
地中海食        60%    4年 100%
血圧コントロール    40~50%   3年 60%
運動           25~30%   2年 80%
抗血小板薬       25~30%    2年 85%
脂質低下薬       20~30%   4年 75%
Pioglitazone (アクトス)  47%    3年 20%
ビタミンB12 25~35%    2~4年 30%
重度の症候性頸動脈狭窄 67%   2年 10%
に対する頸動脈内膜剥離術
心房細動の抗凝固薬   50%    1年 15%
———————————————————————————————
Spence, J. D. Nat. Rev. Neurol. 6, 477-486, 2010
ftp://mtr26-1-82-239-144-183.fbx.proxad.net/bibli/-%20Revue%20Articles%20FB/Biblio%20100908%20rout%E9e/213.1009-Secondary%20stroke%20prevention_Spence,%20Nat%20Neurol.pdf
http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: エンターテイメント, ニュースと政治, 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中