ドクターG:3週間以上続く嘔吐

2014年2月25日 山中克郎教授による教育症例カンファレンス

「3週間以上続く嘔吐――」

患者:16歳、女性

主訴:嘔気・嘔吐

現病歴:

1か月前にインフルエンザ予防接種

3日後から嘔気・嘔吐出現 T病院に入院精査

頭部CT・MR異常なし

GIFにてGERD LA分類grade B 嘔吐の原因は不明と言われた。

体重8kg 減少

既往歴:なし

薬剤歴:タケプロン1錠

現症:

意識清明

37.3度 心拍数93/分154㎝ 59kg 110/83

他の理学所見;正常

検査:

WBC 9500 ALT 93 CRP 0.3以下 Na 139 K 4.0 Cl 104

尿検査;蛋白±

胸部XP;正常

EKG:正常

Problem List

#3週間以上続く嘔気・嘔吐

鑑別診断は?

必要な検査?

妊娠

過食後、嘔吐:吐きダコhttp://www.overcome-ed.net/w-ed/w-karada-oto.html

拒食症

SMA症候群(上腸間膜動脈症候群)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsa/71/9/71_9_2439/_pdf

上腸間膜動脈症候群の2例

検査

妊娠反応

造影腹部CT

最終月経 3週前

性交歴なし

妊娠反応陰性

追加情報

小学1-2年 不登校

嘔気はあるが、ポテトやお菓子を食べる

経過:

入院第3病日に垂直性眼振あり

めまいがして文字が読めない、勉強ができない

神経学的所見;

右咽頭反射低下

右軟口蓋挙上なし

舌:左に位置

継足歩行できない

振動覚低下

脳MRI:左延髄背側部高信号域

鑑別診断

奇異性静脈血栓症?

椎骨動脈解離?

最終診断

NMO(視神経脊髄炎:Devic病)

抗アクアポリン4抗体が陽性

前駆症状:難治性の吃逆や嘔吐

急速な視力低下、対麻痺、四肢麻痺

文献:

http://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/051040255.pdf

難治性吃逆・嘔吐で発症し,意識障害,呼吸障害,眼球運動障害を呈し,広範な脳幹病変をみとめた抗アクアポリン4 抗体関連疾患の1 例

https://neurology-jp.org/Journal/public_pdf/049110896.pdf

三須建郎:Pathology of NMO

http://jnnp.bmj.com/content/79/9/1075.full.pdf+html

Intractable hiccup and nausea in neuromyelitis optica with anti-aquaporin-4 antibody: a herald of acute exacerbations

http://www.nature.com/nrneurol/journal/v4/n4/full/ncpneuro0764.html

Mechanisms of Disease: aquaporin-4 antibodies in neuromyelitis optica

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中