NOAC(新規抗凝固薬):心原性脳塞栓症後の使い方;1-3-6-12 day rule

NOAC(新規抗凝固薬):心原性脳塞栓症後の使い方;1-3-6-12 day rule

昨日、名古屋でStroke Meetingの講演会とPanel Discussionがあった。

心原性脳塞栓症(心房細動による)急性期のNOACの使用法で1-3-6-12 day ruleについての言及があった。以前にも九州の先生がこのことを話していた。他院ではかなり早期にNOACが使用されていることがわかった。そこで、文献を調べてみた。まだ、evidenceはないが、ヨーロッパの専門誌に非弁膜症性心房細動患者におけるNOAC使用の実用的ガイドに、1-3-6-12 day ruleが記載されていた。

ストップ!NO卒中プロジェクト全国一斉エリア会議

http://mmmlog.blogspot.jp/2013/08/no.html

NOACは高齢者で使用されるとき、低容量を選択される傾向がありますが、腎機能に問題がないなら、高容量を使用しないとunder doseになる可能性もある。急性期のNOAC使用のタイミングが1-3-6-12 day rule。

http://eurheartj.oxfordjournals.org/content/34/27/2094.full.pdf+html

HEIDBUCHEL, Hein, et al. EHRA Practical Guide on the use of new oral anticoagulants in patients with non-valvular atrial fibrillation: executive summary. European heart journal, 2013, 34.27: 2094-2106.

Continuation of NOACs after ischaemic stroke depends on the infarct size. Clinical study data regarding re-institution of anticoagulation are missing. Some advocate as a rule of thumb the 1-3-6-12 day rule, with re-institution of anticoagulation in patients with a transient ischaemic attack (TIA) after 1 day, with small, non-disabling infarct

after 3 days, with a moderate stroke after 6 days, while large infarcts involving large parts of the arterial territory will be treated not before 2 (or even 3) weeks. If patient compliance and therapeutic effect of coagulation have been assured (i.e. the stroke must have occurred under adequate anticoagulation), alternative causes for ischaemic stroke should be investigated.

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中