ドクターG:Toxic shock syndrome

2014年3月25日 山中克郎教授による教育症例カンファレンス

「急性腎不全で入院」

患者:38歳 女性

主訴:全身の痛み、嘔吐

現病歴:

4日前より39度 食欲低下、下痢、嘔吐

3日前に近医受診 インフルエンザ陰性 点滴+ロキソニンとナウゼリン処方された。

昨日、近医受診 下痢;水様性下痢 1日5~6回、嘔吐

今日は倦怠感が強く、我慢ができなくなり、ER受診

既往歴:EBウイルス感染症 7年前 肝機能障害

現症:96/55 呼吸数20/分 36.9度

下腹部と左下肢に皮疹。胸部に紅斑

検査:

WBC 18300 Hb 8.8 Plt 5.2 CRP 41. Alb 2.9

TB3.5 AST57 ALT48 CK 42 Cre 5.1 尿酸12.1

尿;蛋白+2 円柱;顆粒円柱、硝子円柱あり、WBC 30~40 ろう様円柱

鑑別診断は?

必要な検査は

Problem List:

# 急性腎不全

#貧血:小球性、低色素性

# 血小板減少

# 肝機能障害

# 水様性下痢+嘔吐

参考:

3日熱:マラリア

発熱が1日に2回 成人型Still病

O-157→HUS

血液培養

ショック様症候群:連鎖球菌 ブドウ球菌

問診の追加:

3か月前帯下自覚  臭いもあり

2か月前に産婦人科受診 異常ないといわれた

タンポンなし

入院後の経過:

翌朝、血圧70台へ

補液;敗血症の場合 生食1L全開

血圧が上昇しなければ、ノルアドレナリン使用

EKG: V5~6 ST上昇、四肢誘導;低電位

心エコー:EF55% asynergyなし トロポニンI 20.5

尿培養;MRSA 膣分泌液;MRSA 血培陰性

経過:

翌日;EKG正常化

第13病日 手指 落屑

最終診断: TSS1陽性

Toxic shock syndrome(TSS

Superantigen 毒素

突然の高熱

低血圧

嘔吐、下痢

紅斑

筋肉痛(全身)

頭痛

細菌性膣炎から生じた可能性がある

咽頭から入ることがある。

Snap diagnosis

全身紅斑 下痢 嘔吐 血圧低下→TSSの可能性を考えよう

参考文献:

http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-091105.pdf

清島真理子. 「Toxic Shock Syndrome」. 日本皮膚科学会雑誌, 2007, 117.13: 2346-2347.

http://merckmanual.jp/mmpej/sec14/ch171/ch171e.html

毒素性ショック症候群

http://blog.with2.net/link.php/36571  ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中