ドクターG:意識障害と失神および実技指導

2014年6月17日山中克郎教授による教育症例カンファレンス

「意識障害と失神について」および実地指導

意識:1.大脳皮質 2.脳幹上行性網様体賦活系 3.視床下部調節系

lib.jichi.ac.jp/inside/VOD-still/kenshui-asa041029.ppt

意識障害の鑑別:Keywordからの展開   失神:3~5分で意識が戻る

AIUEO TIPS

A: Alcohol

I: Insulin

U: Uremia

E: Electrolytes/Encephalitis/Endocrine

O: Oxygen/Opiate/Overdose

T: Trauma/Temperature/Tumor

I: infection

P: psychiatric/Porphyria

S: Stroke/Shock/Seizure

失神:よくある病気は?

  1. 不整脈:弁膜症(AS)、肥大型心筋症
  2. 迷走神経反射:典型的な症状前兆がある:目の前が真っ暗になって倒れる。高齢者では少ない。
  3. 若い人に多い。誘因がある。繰り返すことが多い。
  4. 多いのは中高生が全校集会で倒れる。
  5. 起立性低血圧:OH: 起立性低血圧 薬剤性:降圧薬、睡眠薬、消化管出血。子宮外妊娠(若い女性:妊娠反応検査)
  6.  臥位、起立後1分、3分、5分 収縮期血圧20mmHg以上低下、拡張期血圧10mmHg 以上低下
  7. 立ちくらみ。食事性低血圧(高齢者):食事30分~2時間後

検査

  1. EKG
  2. EKGモニター(循環器ドクターコンサルト時必要)

特殊な失神

高齢者:嚥下性失神

排尿・排便失神:状況性失神

失神を起こす重篤な疾患は?

  1. 肺塞栓:胸部XP正常。頻呼吸。SPO2の低下。下肢の腫れ(深部静脈血栓症)
  2. 大動脈解離:典型的な場合は背部痛があるが、無痛性の場合もあり。急に両下肢の脱力、しびれ→AdamKiewicz動脈の血流が悪くなる。点滴で麻痺が改善する場合がある。
  3. http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_takamoto_d.pdf
  4. たとえば、突然、背中がぱきっとした。痛みはないが。どのようなことをしていて症状が出現したか?
  5. SAH:くも膜下出血:典型的な症状を呈さないことがある、首の違和感、倦怠感のみもあり。また、痛みのため、迷走神経反射がおこり、失神となり、頭痛を覚えていないこともあり。

#山中教授がおすすめする診察法:

共感的な態度をとる(最初の3分間が大事。患者の訴える症状を繰り返して言い、大変ですねと言う)

橈骨動脈の脈拍を見るとき、患者と同じ高さで触診し、片方の手で患者の手を軽くにぎる。体温が高いかどうかもわかる。

実地指導:管理課の若手男性職員がモデル患者となった。

  1. 聴診:肺水腫の見分け方:臥床時に下部側胸部の下方にてラ音
  2. 心音:モデル患者の胸部に水性マジックで特徴的な心音が聴取できる部位をマークし、 分かりやすく解説があった。ASとMRの心雑音について擬音を体験できる裏ワザが紹介された。

下記の動画を参照すべし。山中教授の講義が無料で一部ダイジェスト版で体験できる。当院での講義と同じであるが、ためになる。7月に診察ビデオが発売される予定。

 

https://www.carenet.com/dvd/213 Dr.山中の攻める問診<下巻>

 

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中