NHKの大罪:笹井氏の自殺を悼む

2014年年8月6日

NHKの大罪:笹井氏の自殺を悼む

昨日の笹井氏の自殺の報道を病室で知った。NHKが放映したSTAP問題特集は笹井氏らを一方的に断罪したが、この放送内容が誘因となり鬱病に陥っていた笹井氏に自殺を企てる行為に向かわせたのは間違いないことと思う。その後のNHKテレビの自殺報道は非常に制限されたものであり、民放の報道が詳細に背景を伝えていた。しかし、どの報道もNHKの特別番組(視聴率10%)との関連を言及していなかった。小保方晴子さんとの個人的メールも公開されたことに憤りを感じていた。自分を笹井さんの立場に置き換えると、恥辱であり、公開の場での処刑に等しい。それまでの経緯を考え、今回のNHK特別番組の報道は笹井さんをノックアウトするだけの衝撃であったと思う。あの番組は、現在進行している検証実験の結果が判明してから報道すべきであった。また、小保方さんに対するNHK記者の執拗で犯罪的なインタービュー攻勢はひどいものであった。

笹井さんという巨大な逸材が消滅してしまった。論文は永久財産として残っているが、今後の彼の活躍を期待していた科学界は衝撃を受けているに違いない。日本学術会議も笹井さんの非難決議を早々と決定したことにも疑問が残る。四面楚歌の中、笹井さんが自ら命をたったことに、理解はできる。人は強い存在ではないのである。自殺者の気持ちが理解できるが、非常に残念である。NHKの報道は偏っている。あれだけ、笹井さんらの論文を批判し、個人的中傷を大学教授たちに言わせたのは時期尚早であった。

NHKよ、後ろめたい気持ちはないのか? 特別番組が笹井さんの自殺への誘導を促進したのではないのか?笹井さんの立場にたって考えたことがあるのか?犯罪人として扱っていたではないか!人権を無視した報道内容ではなかったのか?大いに反省してほしいが、今のNHKの体質では無理かもしれない。

追加:自殺する10日前より同僚によると、精神的変調が見られたとの報道があり。NHKの特別番組(7月27日NHKスペシャル|調査報告STAP細胞 不正の深層)を見たためと推定される

http://blog.with2.net/link.php/36571

(ブログランキングに登録していますのでよろしく)

追加

笹井芳樹先生の偉大な業績

http://ggsoku.com/tech/requiescat-in-pace-yoshiki-sasai/

笹井芳樹博士が科学界に遺した、偉大な業績まとめ

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6126317

笹井芳樹博士が語った「これまでの道のり」と「再生医療の未来」

 

 

 

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: ニュースと政治, 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中