末梢神経障害性疼痛から中枢機能障害性疼痛へ

第25回日本末梢神経学会 2014年8月29日~30日 京都

「末梢神経障害性疼痛から中枢機能障害性疼痛へ」

東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部/麻酔科・痛みセンター 住谷昌彦

脊髄下行性疼痛抑制経路が障害

 

神経障害性疼痛

中枢機能障害性疼痛:セロトニン作動性

侵害受容性疼痛

心因性疼痛:不快な情動は痛みの認知を歪める→同じ感覚刺激であっても、反応は異なる

参考:City living and urban upbringing affect neural social stress processing in humans.

Nature 2011 474:498-501

都市生活者はストレスが多い

扁桃体、ACC(前帯状回)が興奮している

http://www.nature.com/nature/journal/v474/n7352/abs/nature10190.html

More than half of the world’s population now lives in cities, making the creation of a healthy urban environment a major policy priority. Cities have both health risks and benefits, but mental health is negatively affected: mood and anxiety disorders are more prevalent in city dwellers and the incidence of schizophrenia is strongly increased in people born and raised in cities. Although these findings have been widely attributed to the urban social environment, the neural processes that could mediate such associations are unknown. Here we show, using functional magnetic resonance imaging in three independent experiments, that urban upbringing and city living have dissociable impacts on social evaluative stress processing in humans. Current city living was associated with increased amygdala activity, whereas urban upbringing affected the perigenual anterior cingulate cortex, a key region for regulation of amygdala activity, negative affect and stress. These findings were regionally and behaviourally specific, as no other brain structures were affected and no urbanicity effect was seen during control experiments invoking cognitive processing without stress. Our results identify distinct neural mechanisms for an established environmental risk factor, link the urban environment for the first time to social stress processing, suggest that brain regions differ in vulnerability to this risk factor across the lifespan, and indicate that experimental interrogation of epidemiological associations is a promising strategy in social neuroscience.

痛み:感覚因子と情動因子

病的疼痛の悪循環

悪循環の発現に関し、ヒト神経障害性疼痛患者の脳機能画像研究から、大脳皮質レベルの神経ネットワークが感作され、痛みに対する過敏性や易刺激性の興奮が明らかにされている。

不安や恐怖がない→痛みが軽快、改善

脳内ネットワーク

ACC(anterior cingulate cortex)   PCC(posterior cingulate cortex)

 

PFC(prefrontal cortex)   insular cortex

Amygdala

 

PAG:中脳水道周囲灰白質 →下行性疼痛抑制系

痛みの増強:前帯状回、PFCが興奮

不眠と痛みは関連する

疼痛下行抑制系の減弱(疼痛下行性修飾系の機能障害:促進系の強化と抑制系の減弱)

 

線維筋痛症:セロトニン減少

PFC-扁桃体が恐怖に伴う情動反応を制御している

When fear in near

Science 317: 1079, 2007

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2648508/

不安行動はACC(前帯状回)と関連している

痛みの治療

神経障害性疼痛

プレガバリン→ tramadol  → opioid  → TCA(三環系抗うつ薬)

http://jpps.umin.jp/issue/magazine/pdf/0303_02.pdf

 

http://blog.with2.net/link.php/36571ブログランキングに登録しています。

 

 

 

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中