ドクターG:めまいの診療

2014年9月2日 山中克郎教授による教育症例カンファレンス

「めまいの診療」

発症リスクがあるかどうか?

中枢性:高血圧, 高脂血症、 男性 DM 心疾患 脳梗塞の既往

名古屋医療センター神経内科:奥田先生によると。

50歳以上、初発のめまい リスクがあれば、入院適応

中枢性眼振:

垂直性眼振 回転性眼振

脳梗塞:

前方系:内頸動脈

後方系:椎骨脳底動脈系

後頚部痛

ふらつき

構音障害

小脳失調;歩行障害は?

点滴後、歩けない場合は中枢性、または継足歩行ができない

小脳虫部障害

複視

温痛覚障害:

  1. Wallenberg syndrome 交叉性感覚障害

Horner 徴候;暗闇に連れ込む

視野障害:後大脳動脈 同名半盲

末梢性めまい

BPPV

持続時間:通常は1分以内

横になっていたら、めまいが消失した。数分以内に

(5分以上では、前庭神経炎 耳鳴はなし)

5秒ぐらいの潜時があり。起床時、すぐには発症しない。

すぐにめまいがする場合は起立性低血圧

また、寝るとめまいがする。

前庭神経炎;数日めまいが続く 風邪50%

メニエール病:2時間以上めまい 耳鳴 難聴

片頭痛性めまい:24時間以上継続 はきけ、寝込む、頭痛 若い女性

VBI:椎骨脳底動脈循環不全

頸性めまい

 

BPPVの検査:    Epley法

後三半規管に耳石が落ち込むことが多い

前:耳石が移動しても、すぐに戻りやすい

外側:右下頭位 右向き眼振 左下頭位 左向き眼振

右に多い

後、外側三半規管が多い

右下懸垂位 下向き眼振

耳石の戻し方:

研修医をモデルにデモンストレーションが行われた。

内耳、耳の模型もあり、よく理解できたが、すぐに忘れてしまう(笑)。

http://www.hotweb.or.jp/shirato/memai-bppv.pdf

良性発作性頭位めまい症診療ガイドライン(医師用)

http://www.nishiizu.gr.jp/intro/conference/h26/conference-26_09.pdf

良性発作性頭位変換性眩暈(BPPV)、NEJM、March 20,2014

H26.6 西伊豆病院早朝カンファランス 仲田和正

http://enotes.us/VertigoBPPV2014.pdf

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています。

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中