てんかんの誤診と誤治療ー中里教授教育講演

東北大 てんかん学分野  中里信和教授 (日本神経治療学会2014年11月22日ランチョンセミナー)

「てんかんの誤診と誤治療~自戒を込めて~」

非常にわかりやすい、迫力のある教育的な内容であった。今までのてんかんの講演会でベストであった。

(中里教授が監修したてんかん発作ビデオ集(俳優が模擬患者となっている)を紹介しながらの説明であった)

 

*けいれん発作時には、口に物を入れてはいけない!(専門家でも間違っていることが多い)

 

*けいれん発作後に自宅に帰すときの注意

「ただのてんかんです」と言うのは禁忌

入浴、水泳は溺れるので禁止するなど

必ず担当医か神経内科の受診をすすめる

 

*てんかん重積の治療

セルシン 何度も使用すると呼吸停止があるので要注意 欧米ではロラゼパム

参考(ニューロドクター乱夢):

http://blog.goo.ne.jp/pkcdelta/e/3f544edc16d6e758810c71bbd6974b8c

(てんかん重積状態に対する病院到着前から開始する治療)

http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1861799

Lorazepam vs Diazepam for Pediatric Status Epilepticus

JAMA. 2014;311(16):1652-1660 (両者で有意差はなし)

フェニトイン → ホスフェニトイン(フェニトインは漏れると血管壊死、意識があるときは血管痛が強い 東北大では使用していない)

NGチューブから、LEV;保険適応がないが

フェノバルビタール 筋注 → フェノバルビタール点滴静注 → ミダゾラム

 

部分てんかん → CBZ (VPA大量では有効だが)

CBZ使用の注意

少量から始める 100mg/日 → 200mg/日 めまいの発現を予防できる

また、薬疹の発現も非常に少なくなる。重症薬疹はまれ

 

若年性ミオクロニーてんかん - 全般― VPA有効 継続が必要

 

小児欠神発作 → VPA(CBZは禁忌→ absence のstatus epilepticusになる)

無意識動作が前駆することもあり、側頭葉てんかんと誤診することがあり。脳波検査は必要

治療中止判断の問題

思春期以降に発症した患者の薬剤を中止してはいけない。 一生飲み続けないといけない。(小児からの発症例は半数が中止できる)

漸増が必要な薬剤の投与前への患者への説明:LTG CBZ PHT TPM

最初の2か月は発作や副作用が出るかもしれない。

CBZ PB PHT → 肝での酵素誘導が強い

(PB, PHYは新患では使用しない)

Epilepsia 54:11, 2013

Enzyme induction with antiepileptic drugs: Cause for concern?

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1528-1167.2012.03671.x/full

Warfarinなどとの相互作用が多い

CBZ PHY PHB:骨粗鬆症 性機能障害 血管障害の合併

誘導された酵素が生体内酵素を誘導する

LTGは相互作用が少ない

LEV 肝で代謝されないので相互作用は少ない

 

催奇形:VPA TPM

抑うつ、体重減 ZNS TPM

 

中高生 葉酸を飲ませる。 妊娠する可能性があり

VPA 800mg以下なら妊娠可能

LTGとLEVが第一選択薬

 

脳外科治療

MRI正常でも切除可能

危険と思われていた部位も切除可能

3年のスパンで医療の進歩あり

 

補足運動野発作→ CBZ 有効だが、ope 可能

意識あり。弓をいる姿勢

 

過運動発作

睡眠時の前頭葉てんかん

腰ふり、上肢をバタバタさせる 阿波踊り的

ビデオ脳波必要

めまい発作:右頭頂葉てんかん 症状を詳細の聞く

 

内臓知覚 島が関与

胃部不快感

 

側頭葉てんかん

Postictal aphasiaを呈することあり

Ictal aphasiaとの鑑別が必要

発作時の状態の検査:指示動作が可能か、その時に見せたものを覚えているかなど

 

Earlier tachycardia onset in right than left mesial temporal lobe seizures

Neurology 83: 1332-1336, 2014

 

心因性「非」てんかん発作:だまされやすい

真正てんかん患者の発作の20%がこの発作

 

てんかん発作と思ったら、心停止が80秒

→ Sick sinus syndrome

 

http://www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp/today/archive002.html

きょうのてんかん

http://www.youtube.com/watch?v=3UIyi6zEEN4

東北大学サイエンスカフェ

http://www.gs-medsci.med.tohoku.ac.jp/seminar-b/2014-06-05/

てんかん診療における心理と倫理

http://www.mylifenews.net/medical/2014/09/post-38.html

 

http://blog.with2.net/link.php/36571 ブログランキングに登録しています

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 神経内科医, 神経学, 健康, 医学, 医学教育, 挑戦 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中