岩田健太郎教授は反ワクチンは侮蔑語で排除すべき言葉であるというLarson教授の提言を知らない


岩田健太郎氏はワクチンの専門家を自称、「ワクチンは怖くない」という本を書いている。

彼は去年12月初旬に、Global Vaccine Safety Summitが開催されたことを知らないのか?

反ワクチンの集まりだと思い無視しているのか?

ワクチン信頼プロジェクトリーダーのLarson 教授の最終の全体講演を拝聴すべき。

反ワクチンは侮蔑語!

驚きべきことに、彼女は最大の挑戦は、軽蔑的な反ワクチンという言葉を取り除くことであると、初めて主張した。

彼女は論文や講演で何百回も反ワクチンを主張していた張本人である。

ワクチン懐疑派の主張は、偽情報ではなく、ワクチンの安全性には曖昧さが存在すると初めて認めた。

びっくり仰天の改心だ。

Press Release – World Health Organization Questions Vaccine Safety

Press Release – World Health Organization Questions Vaccine Safety


Dr Larson urges the healthcare community to stop using the derogatory term ‘anti-vaxxer.’
“One of our biggest challenges I think now is getting rid of the term “anti-vax’, getting rid of the hostile language, and starting to have more conversations, to be open to questions, to make people feel like they shouldn’t be judged for asking questions.”

She also admits that a lot of the ‘vaccine scepticism online’ is not ‘misinformation’ and that there is a lot of ambiguity in the safety field.

“The biggest problem is a lot of it’s not misinformation. Our problem is, as we’ve heard in the last 48 hours, that there’s not anything 100%, and what actually can legally without creating a censorship thing, can we actually say is misinformation? We have a lot of ambiguity in the safety field, and we have to come to terms with that, so we have to think about it differently, than ‘deleting misinformation’ but building trust, so people are willing to put up with a certain amount of risk because they believe in it enough.”

HPVワクチン推進派にLarsonの講演を是非試聴していただきたい。そして、反省していただきたい。

潮目が変わってきた。アメリカでのワクチン裁判も進行している。Kennedy弁護士が奮闘している。

前から主張しているが、稀な重篤例に関する、ワクチン副反応学の確立が急務である。

世界中、とりわけ、日本でのHPVワクチン副反応研究者らに対する一部の非常識な人たちからの弾圧や誹謗中傷が続いている。

ワクチンの安全性、信頼性を高めるには、副反応の研究が必要で、その治療法が開発されるならば、安心して、ワクチン接種が受けられる。

Prof Larson also goes on to admit:

“There’s a lot of safety science that’s needed. Without the good science, we can’t have good communication. So, although I’m talking about all these other contextual issues and communication issues, it absolutely needs the science as the backbone. You can’t repurpose the same old ‘science’ to make it sound better if you don’t have the science that’s relevant to the new problems.”

下記のサイトで講演や議論が公開されている。

岩田健太郎教授は、コミュニケーションについて、再学習すべきだ。

https://www.who.int/news-room/events/detail/2019/12/02/default-calendar/global-vaccine-safety-summit

上記のビデオで、Larsonの講演は下記。


2:00 Dr. Heidi Larson, PhD, Director of the Vaccine Confidence Project says the biggest factor in vaccine hesitancy is vaccine safety.

4:26 Dr. Larson: doctors and nurses are “very wobbly” and “starting to question the safety of vaccines,” and it’s a “huge problem.”

6:20 Dr. Larson: doctors don’t have confidence in vaccine safety to stand up to mothers asking questions. Doctors only got a “half day of vaccine instruction in medical school.”

8:06 Dr. Larson: the WHO’s issue with social media is not vaccine “misinformation,” but that the information “seeds doubt.”

10:24 Dr. Larson admits that global health replaced natural immunity with dependence on vaccine-induced immunity on the “assumption that populations would cooperate.” People got the 6 vaccines in the 1960s-1980s, but now it’s a problem. But since they got the world dependent on vaccines, global health has no choice but to continue pushing vaccines.

13:10 Dr. Larson: there is a lot of safety science needed, they can’t keep repurposing old science that isn’t relevant to the new problem that vaccines are causing.

http://blog.with2.net/link.php/36571(ブログランキングをよろしく)

marugametorao について

神経内科専門医 neurologist
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中